茶農喜左衛門

茶農喜左衛門について

About Us

一杯のお茶から茶園が見える

茶農喜左衛門は代々受け継がれた自社農園から本物の宇治茶の味わいだけではなく、
お茶づくりそのものの魅力をお伝えします。

初代 一四〇〇年代

当家の記録に残っている中では
一四六七年、初代小山喜三郎が
亡くなったという記述があります。
それ以来、私たちは脈々と宇治田原
奥山田の土地とともに生きてきました。

明治期 一八〇〇年代

一三世紀からはじまったとされる
宇治田原のお茶づくり。
当園では明治期より茶の栽培を始めました。
宇治田原の山間地が育む土は
お茶づくりに最適とされ、生産量は
伸びていきました。

一九七一年

昭和四六年、現代表の小山忠成が
小山園製茶場としてお茶の小売り販売を
始めました。
お茶の飲み方の多様化など、様々な
環境の変化の中で、事業を続けて
まいりました。

二〇一六年

新たな価値を届けるブランドとして、
茶農喜左衛門を立ち上げました。
「お茶づくりが見える製品づくり」を
コンセプトとして、様々な
商品展開を企画中です。

ロゴの由来

茶農喜左衛門について

副代表 小山喜徳
副代表 小山喜徳
はじめまして。茶農喜左衛門 副代表の小山喜徳と申します。
私たちは家督としては18代、お茶農家としては4代この土地を守り続けてきました。
私たちがお届けしたいお茶は、口にした時にお茶づくりが見えること、一言でいえば素材の価値がよりよくわかるお茶です。
そして、お客様にその歴史や風土を感じていただけるような品質づくりをしていくことが最も大切なことだと考えています。
お茶の味わいの多くは土が決めます。私たちは長い年月を経て育まれた土の力が一葉一葉へ届くよう大切に茶園を守っています。
ぜひ、当園がつくる一杯のお茶から、宇治田原が育んだ茶園の奥深さを感じてください。
会社名 小山園製茶場
代表 小山 忠成
住所 〒610-0211 京都府綴喜郡宇治田原町奥山田宮垣内127-1
TEL 0774-88-3574
E-mail info@sanou-kizaemon.jp

茶農喜左衛門 小山園製茶場へのアクセス

営業時間
9:00~17:00(不定休)
所在地
〒610-0211 京都府綴喜郡宇治田原町奥山田宮垣内127-1
連絡先
0774-88-3574